Elementary- J – APU google-site-verification=ZpYivY1LW-D1ynK6ICLbLwG7T0xkRxyR8sH7LQnzjJc

幼稚園及び小学校

APUインターナショナル小学校では、高度に創造的かつ分析的な学生を育成するための基礎として、楽しむ事をベースにしたカリキュラムを使用しています。この段階では 私たちは感覚学習を通じて想像力を養うことに焦点を当てています。 

APUは、学生が個々の適性と興味に応じて成長するよう尽力しています。 私たちは多くの種類の学習スタイルを奨励し、各生徒独自の性格に合わせてレッスンを調整します。 私たちは個性を奨励し、21世紀の成功に必要な自信を身につけることをサポートします。 

私たちは、すべての学生にとって安全で身になる環境を確保しています。 サポートに熱心な教師とポジティブな環境は、生涯学習と自信のための強力な基礎を築いています。 

以下の科目をグ学年ごとにご覧ください。 

算数

1年生の生徒は、算数の知識を広げ、20以内での足し算と引き算を学び、整数を理解し、100までの数字を学び物を長さで測定し、順序付けし、収集したデータを理解します(最大3つのカテゴリまで) 形を使用して新しい形を作成したり分割したりして三角形や四角形」を作成します。 

言語科目

1年生では、文学を読むための各州共通基礎スタンダード(CCSS)の中には学生が文学を理解するために生徒と教師の間の言葉による相互作用を強調するものがあります。 生徒はストーリーや本について話したり書き込んだりする為に重要なを詳細を使用し、文字、設定、および主要な出来事を説明するために使用することを可能にします。 新しいCCSSはこの構造認識の発展を続けていますが、生徒に重要なメッセージやレッスンの理解を示すように促すことでさらに進歩していきます。 

生徒は、情報を提供するものと、感覚に訴えるものや感情を表す文章を区別する方法も学びます。 CCSSはまた、生徒がストーリーキャラクターの冒険や経験を比較して対比することができるという新たな目標を設定しました。 文学的分析を早期に導入することで、学生は学問的キャリアを通して、学生の批判的思考の強力な基盤となります。 

社会科

学生は、フェアプレーや優れたスポーツマンシップの価値、他人の権利と意見を尊重することについて学びます。私たち生きる上で必要な規則を尊重するという理解を深めます。学生はクラスのルールについて議論し、クラスのルールを理解することを目標とします。彼らはまた、次のような質問をすることができます:誰が規則を実施する責任があるのか?これらのルールが破られた場合の影響は何か? 1年生では、教師はクラスを2つのグループに分けることができます1つはルールを作成するグループ、もう1つはルールの公平性を評価するグループです。どのような基準を公正で不公平にするかを決定するために、学生はどの基準を使用できるでしょうか?ここでは生徒に、自然に教室で起こる社会問題や意思決定のジレンマを解決させることが重視されるべきです。たとえば、生徒が不公平に感じること、ジレンマが発生した場合にグループプロジェクトを進める上で最善の方法を決める上での問題が挙げられます。このアプローチを使用することで、生徒は問題が社会生活において正常かつ繰り返し起こる特徴であることを知ることができます。彼らはまた、彼らが問題を調べ解決する能力を持っていることを学びます。 

科学

1年生の学生は、固体、液体、気体の特性について学び、様々な物体についての観察結果を記録するための単語や図を使用します。 彼らは、植物や動物の必要性や構造を理解します。 また、1年生の学生は天候の調査、観測、測定、記録を定期的に行い、日々の変化や季節変化の詳細を学ぶことができます。 彼らは簡単なツールと技術を使い、必要に応じて教師がサポートを提供します。 

1年生では、誰が、何を、いつ、どこで、どのようにという質問に答えます。 適切な学年レベルの科学用語(凍結、融解、加熱、溶解、蒸発など)を学ぶことによって、語彙を拡張します。 彼らは、アイデアやエビデンスを共有するためにクラスルームディスカッションに参加し、新しい証拠が提示されたときに思考を再評価することを学びます。 生徒は、同じ物体または現象の2つの記述の間に不一致が存在する場合、新しい観察を行います。 科学学習は、科学概念や語彙の明示的な指導を含む実践的な活動やゲームによって促進されます 

1年生の科学トピックは、物理科学、生物科学、地球科学、調査と実験の4つの基準セットで構成されています。 生物科学、地球科学、物理科学の各分野の標準で定義された内容を学習すると同時に、調査と実験のスキルを実践しています。 つまり、調査と実験の基準は、科学の指導を通じて学習されるべきです

算数

2年生の生徒は、自分の知識と理解度を広げて(1,000以内)、足し算引き算100以内)を行い、単純な乗算と除算の概念を導入します。 また、適切なツールを使用して物の長さを測定し、図形とその属性を識別します。 

言語科目

2年生では、読解指導の流暢さ、理解力、分析が中心です。 生徒は、リーディングの基本的な特徴における基本的な知識を応用して、口頭やサイレントリーディングの流暢さを実現します。 生徒は、文章に関する質問を明確に答えること、情報テキストを分析する際には作成者の意図を考えることを学びます。 

社会科

生徒は、生徒に最も近く興味深い家族の研究を通して歴史学習の第一歩を踏み出します。写真、家系図、歴史、口頭で教えられた家族の歴史など、家族の歴史に関連するソースを使って行われます。 

学生は、人、場所、環境の絶対的および相対的な位置を説明することを学びます。 特定の場所や地理的特徴を見つけることを学びます。 そして米国および他の国々の政府機関と慣習について学びます。 生徒はまた、日々日常で使用される製品を供給するために働く多くの人々への経済的理解と感謝を発展させていきます。 2年生では、社会に貢献し多様な全ての人への理解を深めます。 

科学

2年生の科学調査は学生の質問、観察、コミュニケーションスキルに焦点を当てています。 学生は、さまざまなアイデアを検討したり、質問したり、パターンを観察したり、予測をしたり、簡単な機器やツールを使用したり、他の生徒と話し合う時間を多く取っています 生徒は注意深く、反復可能で、検証された観察を行うスキルを発展させ、その結果を文字や画像、口頭を通して伝える機会を与えられます

数学

3年生の生徒は、整数の足し算、引き算、掛け算、割算を使用して桁の値とそのスキルへの理解を深めます。 数としての分数の理解、平面図の面積と周囲の概念、さまざまな図形の属性を理解します。 

言語科目

フォニックスの指導が正規カリキュラムから段階的に廃止されるにつれ、3年生はとても重要な学年と見なされています。 3年では、語彙の取得、理解戦略、文章分析、言語慣習、および執筆に重点が置かれています。 3年制の生徒は、文脈を独立した語彙戦略として使用することを学びます、すなわち読んだ文章に関する質問をしたり答えたりするときに文章の情報を参照することを学びます。 そして分析戦略を適用して、文章のテーマや中心的なメッセージを見つけ出します。 彼らは主語と動詞の一致と動詞の時制について学び、その知識を使って、正しい、完全な文章を書いて話す事が出来るようにします 

社会科

3年生の生徒は、地域社会と米国市民の活発で責任ある市民になる準備を続けます。生徒は、市民権、市民参加、政府の基本構造、そして自由を守るためのリスクを負った有名な国家およびアメリカ人の生活を理解します。 また、アン・ハッチンソン、ベンジャミン・フランクリン、トーマス・ジェファーソン、アブラハム・リンカーン、フレデリック・ダグラス、ハリエット・トブマン、クララ・バートン、マーティン・ルーサー・キング・ジュニアなど、アメリカのヒーローについて学びます 

科学

3年生の間に、学生はさらに注意深く、反復可能で、検証された観察を行うための重要なスキルを開発し、パターンを認識して分類し、文章でも口頭でも発見結果について伝える事が出来るようにします。 彼らは研究を行い、新しいトピックについて学び、科学における技術の重要な役割について学びます 

3年生の学生は、問題の構造と相互作用の力の理解をさらに深めます。 光の性質を研究し、光がどのように方向、影、色の知覚に影響を与えるかを学びます。 また、海洋、砂漠、凍土帯、森林、草原、湿地などのさまざまな環境やそれぞれの環境に適応する生物の種類について学ぶことで、生物学に関する知識を広げます。 また、空に浮かぶ物体が規則的で予測可能なパターンで動くことも学びます。 

3年生の生徒は慎重に測定を行うとともに、測定上の誤りが避けられないことを学びます。不注意、測定機器の誤用、または記録ミスによって間違いやミスが発生する可能性があることを発見しますまた、計測に使用する計測器には限界があり、エラーが発生する可能性があることも学びます

数学

4年生では、1から100までの数のすべての倍数を学びます。与えられた整数が1桁の数字の倍数か素数かを決定する。 これらのファクタリングスキルは、4年生が同等の分数を生み出すのに重要です。 

4年生以降の成績、特に代数学で成功するために、4年生の学生は分数をマスターする必要があります 生徒は引き続き、同等の分数を認識して生成し、図面で表される分数を書きます。 また、異なる分子と異なる分母との分数を比較します。 

言語科目

4年生の学生は、さまざまなジャンルの文献を幅広く読み、さまざまな文化や時代を学んでいきます 生徒は詩、文章、演劇の構造要素を研究し、文章を簡潔に要約することを学びます 生徒は情報テキストを分析する際に、全体的な構造と構成、第一の記述と第二の記述の違い、および著者があらゆる証拠を使って文章内のポイントをサポートする方法を分析します。 読解、聴解、筆記、および会話をサポートする学術言語および領域特化型のの語彙に重点を置いています。 

ライティングでは、4年生の生徒は、その目的をサポートする組織構造を作り出すことを学びます。 見出し、イラスト、定義、および引用を含む、より長い、詳細な情報/説明文章を書く事、そして読者を誘導し、自然に一連の出来事で展開する文章を書く方法を学びます また、標準的な英語の文法や使用法、大文字小文字の区別、句読点、綴りを学び、筆記や言葉遣いに関する発達をサポートします。 これらの練習には、前置詞句や漸進的動詞時制の使用、断片と韻律の認識と修正、およびカンマと引用符の適切な使用法などが含まれます。 

社会科

4年生までに、学生の地理スキルは、地図を使用して緯度と経度、極と半球、座標を使用して位置を理解できるようになりました。 生徒たちは4年生では、さまざまなレベルの政府の構造、機能、力のおさらいをしてこの学年を終えます 

科学

第4学年では、因果関係に基づいて予測を定式化し正当化し、推論と観察を区別し、予測をテストするために様々なテストを行います。 調査活動中にデータを収集する際には、指示された一連の指示に従い、メトリックシステム単位で測定値を表現するスキルの取得を引き続き目指します。生徒は自分自身で質問を作成し、科学的調査を行い、調査結果を文章で伝えます。

数学

5年生の生徒は、分数と分数モデルの理解を応用して、異なる分母を持つ分数の足し算、割り算を学びます さらに分数の掛け算と、時に分数の割り算の理解を深めます また、小数点を100分の1に掛けたり、小数点以下の掛け算や割り算、そして整数で行う4つの計算の発展、及び取得を継続的に目指します。彼らは直角プリズムの量を見出し、2次元の図形をそれらの特性に基づいてカテゴリに分類します。 生徒は、実際の問題を解決し、状況の文脈におけるポイントの座標値を解釈するために、座標平面上のポイントをグラフ化します。 

言語科目

5年生の学生は、さまざまな時代や文化の文献、すべての科目の学年相応レベルのトピックに関する文章など、幅広い教材を読んでいきます 5年生のフォーカスは、複雑な物語や情報テキストの読解力を高めることです 生徒は同じトピックに関する2つ以上の文章を読んで、さまざまな理解戦略を使って文章の情報を比較、対比、統合します。 そして、構造、視点、視覚的要素、および比喩的言語が文章の意味や文脈にどのような影響を与えるのかを分析します。 文章分析のスキルが深まるにつれて、主題や文章のポイントを理解したり、文章のテーマや議論をどのようにサポートしているかを理解したり、文章から詳細が得られる推論や結論を導き出すことができます。 

社会科

5年生では、北アメリカの住人と、さまざまな経済と政府制度の仕組みを学びます。 生徒は、商品を普及させる手段としての取引ネットワークの重要性、技術、農業慣習、宗教的信念などの情報の価値を考えます 生徒は歴史上の探検家の探検に焦点を置き、探検家のヨーロッパの起源、動機、旅、そしてアメリカへの航海という永続的な歴史的意義について学びます。 歴史上の探検家の研究では、アメリカの主要な探検家、移動距離、アフリカ、西インド諸島、イギリスの植民地、そしてヨーロッパを結ぶ大西洋の貿易ルートを辿って学びます。 そしてまた、アメリカ革命、米国憲法の発展と意義、そして西洋諸国の拡大について学びます。 

科学

5年生では、より質の高い課題を作成し、独自の調査を計画し、定量的な観察を行うための適切なツール選択を学びます。 5年生の学生は、水と土壌との間で水が移動する過程である水循環サイクルの理解を深め、また、太陽系を研究し、小惑星、彗星、太陽、惑星、月などについて学びます。そして太陽の組成と重力と惑星軌道の関係も学びます 

私たちは子供たちに何を考えるべきか、ではなくどのように考えるのかを教えます。

back to top
WordPress Lightbox